沖縄メンタル改革30代からの魂と心と精神の健康

メンタル ソウル マインド そしてボディのバランスをアクティベートする奥伝

因果応報から生じる煩悩を鎮めて解放される

メンタルエステティシャンのおーちゃんです!

 自分を苦しめ、人生の障害となるものに

カルマや因果応報

って言われる

因果応報の解説】

本来は、よい行いをしてきた者にはよい報いが、

悪い行いをしてきた者には悪い報いがあるという意味だったが、

現在では多く悪い行いをすれば悪い報いを受ける

という意味で使われている。 

仏教の考え方で、原因に応じた結果が報いるということ。

因果応報 - 故事ことわざ辞典より引用

 

因果応報・自業自得は古代インドの思想ですが、

仏教は因果応報と

それから生じる輪廻転生 (神、人間、畜生、修羅、餓鬼) から

解放されること(解脱)を説きました。

そんな運命の連鎖など本当は存在しないんだ、
そんな宿命にこだわるのは煩悩であり、
煩悩を抱く「自分」という 意識自体が縁起(相互関係) に
よって作られた 実体のない幻想なんだ(無我)、
要するに、運命など気にするな、




という教えです。

もしかして 因果応報ってやつに

こだわりすぎる煩悩が

心のブロックやブレーキなのかもしれない。

 

 

f:id:ochanokinawa:20170322201502j:plain

そんな 「煩悩」 は生きている限りなくなりはしない。

 

無理やり


なくそうとすればするほど追いかけてくる。

忘れようとすればするほど、鮮明に浮かび上がる


そんなときに置いてみる

という選択肢はないだろうか?


なくすのでもなく

忘れようとするのでもなく


ただただ置いてみる。



辺りを辺りを見回せLook Around

もしも、嫌なことが起こったら、辺りを見回してみるんです。

そうすると立ち止まれます。

立ち止まったら

自分がそれに対してどうのように考えてるか?

どんな感情がそこにあるか?を、外から観察してみる。

それで、今の心はそう思ってるんだーって、

それを受け入れて良し悪しの感情は入れずに、

あとはそこからするべきこと

するべきでないことを必要があればすればいいのです。

そんな自分の感情とつきあっていく。


ちょっと難しいお話をしましたが、

何度か読み直して見て下さい。

広告を非表示にする