読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沖縄メンタル改革30代からの魂と心と精神の健康

メンタル ソウル マインド そしてボディのバランスをアクティベートする奥伝

実話です ある男の子と母親の会話

メンタルアクティベートのおーちゃんです。

これは、実話なのですが・・・



ボクは、ときどき不登校のご相談を受けます。

それは・・・

ご相談を受けたある沖縄県の家庭のお話



あるやさしい男の子がいました。

それはあるご相談から

小さい頃から氣が弱く
ちょっとだけ控えめな性格でした。


その子のおかあさんはカレに強くなってもらいたい
父親のように情けない男にしたくない
イジメられない男に育てたいと・・・

というご相談をされました。


その男の子はバスケット部に入っています。
男の子の意志で始めたわけではなく
おかあさんのススメで入部しました。

しかし

 いじめはそこで起こりました。

 

 

その男の子はバスケット部をやめる。という

選択肢はありません。なぜなら

大好きなお母さんがやめてはイケない、

耐えるのよ

頑張るのよ

バスケットをしてるあなたが好き

って、言うからです。

 

 

 

その男の子は「一生懸命」

大好きなお母さんのために「頑張ってるんです」

 

 

でもね・・・

 

 

うまくならないから

いじめは過酷になっていきます。
上級生がやめたらいじめはなくなる

 

 

って思ってたら

同級生がいじめます。

 

 

 

同級生が休んだら

それを見ていた下級生が団体で

いじめます。

 


本当に彼はいっぱいいっぱいなんです。

 

 


つらそうな顔をします。

カレがうそをついたわけは

 

でも、大好きなお母さんはこう言います。

大人になってもいじめはあるの。

これぐらいでめげてはイケない。

ここで耐えなきゃ、大人になってもやっていけない。

 

と・・・

だから、だから、

男の子は大好きなお母さんのために

嘘をつくことを覚えました。

 

 

 

「お母さん、今日もバスケット楽しかった」

って・・・

 

 


見ているボクは辛くなって話します。

そして、この記事を読んで下さい。って

見ていただきました。

いじめられている君へ

www.asahi.com

 

そのお母さんがボクに言いました。

「それくらいのことは知ってるわよ。

うちにはうちの教育方針があります。

口を挟まないで下さい」ッて。

見てあげて


だから、だから、お願いです。

お母さん、お父さん

自分のものさしでお子さんを計らないで下さい。

自分のモラルを振り回さないで下さい。

自分が出来たからお子さんも出来る。ッて思わないでください。


みんな違うんです。

みんな違う人間なんです。

みんな生きている時代が違うんです。
みんな環境が違うんです。


少しでいい

わかってあげて下さい。

この子はこの子なんだと。

でないと

あまりに悲しすぎます。

親と子


という関係が・・・



自分のモラルや価値観を少しだけ置いて
見てあげてください。

見るんです、顔、手足、雰囲気、すべてを
親子ですから分かり合えるはず。

被害者という「加害者」にならないで・・・

f:id:ochanokinawa:20170420081913j:plain







広告を非表示にする